怜桜のブログ

東方、DB、ジョジョ、FE等が好きな頭のおかしい方が好き勝手茶番等をしていくだけのブログです、特に茶番についてはキャラ崩壊がすさまじいので嫌な人は、歩いてお帰り下さい

幻想郷一武道会 準々決勝パート2

イロモノメンツのそろう幻想郷一武道会がついに開幕してしまった!

この大会の優勝賞品はドラゴンボール!参加者たちの願いを叶えるための私闘がついに始まる!

ルール:武舞台から落ちたら負け

   相手を殺した場合は失格

   剣などの武器の使用は可能

 OP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※CAUTION!!※

注意事項です

この記事には独自設定、独自解釈、キャラ崩壊が多く含まれています。特にパワーバランスについては話の都合などで左右されやすく、そして適当な部分もあります、全てはこの茶番だけの設定ですので、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

「この茶番ではこういうもの」と納得できない方は穏便にブラウザバックを。「構わない、むしろもっとやれ」という方は怜桜のくだらない妄想にお付き合いください。

 

後、今回は試してみたいことがあるので、茶番中に少し変化があると思いますが、気にせずに見て下さい。

ついでに、24日に明日には投稿すると言ったな、あれは嘘だ(投稿が遅れてごめんなさい)

 

f:id:yumezakuranogensou:20181221005442p:plain

 

Bブロック 準々決勝 第一試合

f:id:yumezakuranogensou:20181210032039j:plainf:id:yumezakuranogensou:20180924202501p:plainf:id:yumezakuranogensou:20181210034510p:plain

 

鈴仙「相手はあのアクアさん・・・気を引き締めないと!絶対に勝つ!」

アクア「さぁ、始めましょう。」

鈴仙「行きます!」マキシマムマイティエックス!マキシマムガシャット!ガッチャーン!レベルマーックス!
最大級のパーワフルボディ!ダリラガン!ダコズバン!最大級のパーワフルボディ!マキシマムパワーエックス!
鈴仙(マキシマムゲーマー レベル99)「ノーコンティニューでクリアしてあげるわ!」

アクア「はっ!」

鈴仙(マキシマムゲーマー レベル99)「速い!?うあっ!」

アクア「まだまだよ!」技:秘匿の水脈

鈴仙(マキシマムゲーマー レベル99)「わああああああああっ!!っく、ここで踏ん張らないと!」

アクア「あら、まだ耐えるのね、これならどうかしら?」

鈴仙(マキシマムゲーマー レベル99)「こっちだって、負けはしません!せいやっ!」

アクア「力強いわね、でも・・・」

鈴仙(マキシマムゲーマー レベル99)「お、押されてる・・・」

アクア「終わりよ!『流星槍・天空』!」

鈴仙「きゃああああああああっ!!」

アクア「勝負、あったわn」

鈴仙「まだです!」

アクア「!?」

鈴仙「まだ終わっちゃいない!」ハイパームテキ!

鈴仙「ぐっ・・・あああああああああああああああっ!!」

アクア「自分の胸にハイパームテキガシャットを刺した!?何を考えて・・・」

鈴仙(ハイパームテキ)「・・・」鈴仙の目が金色に輝き、金色のオーラが鈴仙を包む!

アクア「ハイパームテキを取り込んだ・・・」

鈴仙(ハイパームテキ)「・・・・!」キメワザ!ハイパークリティカルスパーキング!

アクア「来る!くっ、ぬっ・・・はっ!・・・こんなもの?攻撃力には難があるようね?」

鈴仙(ハイパームテキ)「ゲームはもう終わっているわ・・・」

アクア「なっ・・・うっ、あっ・・・きゃあああああああああああああああっ!!!」

究極の一発!完全勝利!

 

Bブロック 準々決勝 第二試合

f:id:yumezakuranogensou:20181210034359p:plainf:id:yumezakuranogensou:20180924202501p:plainf:id:yumezakuranogensou:20181210032233j:plain

 

メディスン「BB・・・奴はあのベジータを手玉に取って完敗させた存在、油断はできない、奴の本性引っぺがしてやるわ!」

BB「よろしくお願いしますねメディスンさん?」

メディスン「行くわよ!」

BB「あら、素敵なパンチ、前の2番手ほどじゃないけど、良いじゃないですか?」

メディスン「くっ、舐めないで!」技:気弾

BB「ふふっ・・・」

メディスン「なっ!’(間合いを詰められた!?まずい!)」

BB「はい♪退場してください。」

メディスン「あっ・・・・」

BB「まぁ、手ごたえ無いんですね?」

メディスン「なんて奴・・・あんたの目的は何・・・」

BB「そうですねぇ、せっかくですしそろそろ発表しても良いでしょう・・・私はこの大会の優勝賞品であるドラゴンボールをいただいて、この茶番の主人公になる、そしてこの世界の人間たちを私のオモチャにしちゃいます♪」

メディスン「あ、あんた・・・ばけ・・・もの・・・だ・・・わ・・・(気絶)」

BB「さ、後は兎さんでたっぷり遊んで、優勝するだけ・・・うふふ・・・」

f:id:yumezakuranogensou:20181227023916p:plain