怜桜のブログ

東方、DB、ジョジョ、FE等が好きな頭のおかしい方が好き勝手茶番等をしていくだけのブログです、特に茶番についてはキャラ崩壊がすさまじいので嫌な人は、歩いてお帰り下さい

檀黎斗の幻想郷日記 あとがき

これは10月2日に最終回を迎えた檀黎斗の幻想郷日記のあとがきになります。

興味の無い方はブラウザバック推奨です。

 

f:id:yumezakuranogensou:20181011222422j:plain

f:id:yumezakuranogensou:20181011222421j:plain

f:id:yumezakuranogensou:20181011222420j:plain

カントー地方で発見された『ふしぎなはこ』が引き起こした「スカイウォールの惨劇」から3年・・・

f:id:yumezakuranogensou:20181011222419j:plain

我が地方は赤・緑・青の三つの地域に分かれ、混沌を極めていた!!

f:id:yumezakuranogensou:20180719204817j:plainトランクス「嘘です!こんなものビルドでもエグゼイドでもありません!」

f:id:yumezakuranogensou:20180824214510j:plainブロリー「血祭りに上げてやる・・・」

f:id:yumezakuranogensou:20180725190520j:plainトランクス「ああああああああああああああああああああああああああ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はじめに

まずは檀黎斗の幻想郷日記をやろうと思ったきっかけですが。とあるリア友から仮面ライダーエグゼイドを進められまして、それを観ていたら案の定黎斗のキャラ性(もといネタ性)に惹かれ、黎斗を使って茶番をしようかと思ったわけです。

ただ文字通り行き当たりばったりで、ほとんどがアドリブのような形で記事を書いていたので結構長く続いてしまいました。本来なら原作通り正宗をラスボスにしようとも考えましたが、投稿を少しザボっていたのと、正宗が既にBandさんのキャラだったことに気付いてラスボス変更、次回作東方夢幻時空を早く始めたいのもあって予定していた全24話から全17話に短縮することとなりました。

そしてエグゼイドが元ネタの茶番を作るにあたって、「黎斗を主人公にしたいけどこれラスボスやしなぁ・・・」と思い、舞台が幻想郷というのもあって、表の主人公に自分の好きな東方キャラで且つ医療関係者の鈴仙、裏の主人公として檀黎斗を起用したわけです。

そしてメインキャラとなった妹紅、メディスン、咲夜、トランクス、謎のヒロインXは自分の好きなキャラでストーリーにも組み込みやすかったので起用。敵キャラのパラゲは原作のパラド枠が欲しかったので鈴仙の立ち絵を改造して起用と言った形になりました。特にメディスンについては今後予定している黄昏の団をメインに置いた茶番で主人公になることになっています。

 

 

 

 

黎斗の目的について

今回の茶番での黎斗は、劇場版エグゼイドのトリロジーアナザー・エンディング後になります。幻想郷に来たのは本編の3か月前、そこからある人物幻想郷について・・・幻想が現実となる事を聞き、エグゼイド本編と似たような出来事を起こしたわけです。つまり現代医学で自身の母親を救う事が出来なかった為に失望した事が起因となり、自身の才能を使ってそのような悲劇を起こさないために死んだ人を生き返らせる事で自身の才能を証明する事の為に起こしたエグゼイド本編での出来事を、この幻想郷なら可能ではないかと言う理由で本編の異変が起きたということになります。

そしてトリロジーアナザー・エンディング後ということで、実は黎斗は本編中一度も自分を新檀黎斗とも檀黎斗神とも言っていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公鈴仙について

彼女はある意味宝生永夢とても似ています、鈴仙がバグスターウイルスに感染した時期は本編の2か月前になります。黎斗が3か月前に幻想郷に来てからの1ヶ月の間に、黎斗は一度鈴仙を見かけています。そして黎斗は鈴仙と宝生永夢との類似性、バグスターへの適応力に気付き、バグスターウイルスに感染させているのです。感染させた理由については不明ですが、心の中では叶わない自分勝手な願いで幻想郷の人々を苦しめる自分を止めて欲しかったのでしょう。だからこそ一度自身を止めた宝生永夢と似た形に無意識にしていたのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各話のネタ等について

2話:2話の冒頭で 鈴仙「檀黎斗さん!!確か外の世界からこの世界に来て、今やネプテューヌさん達と並んで幻想郷のゲーム事業を支えるクリエイター・・・」というセリフがありますが、実は黎斗さん3か月の間に既に幻夢コーポレーションを建て有名なクリエイターとなっていました。それだけ経営者としても黎斗は有能だったことを示しています。黎斗が来る前に幻想郷でゲームを提供していたのは黄昏の団とネプテューヌ達、ゲイムギョウカイの女神たちだけでした。

3話:鈴仙達の初めてバグスターとの闘いが行われた回ですが、バグスターと戦う前の

檀黎斗「見ろ、あれがバグスターだ。」

妹紅「キ、キモイ・・・」

鈴仙「あんなのと戦うんですか?」のセリフは、魔法少女まどか☆マギカでの最初の魔女との戦闘シーンでのマミさん、まどか、さやかのセリフをパロっています。

本来のセリフはこちら

マミさん「見て、あれが魔女よ。」

さやか「グ、グロイ・・・」

まどか「あんなのと・・・戦うんですか?」

そしてもう一つ

妹紅「心配無用だ、あっという間に白目をむかせてやるぜっ!!」

ですがこれは言うまでもなさそうですがヤムチャの「あっという間に白目をむかせてやろう!」が元ネタですwwwww

4話:パラガスバグスターの初登場回、元がサイヤ人と言うことで強さは保証されていて、ネタに走らなければ幹部役も出来そうだったので起用、ただ話数が少なくなった都合上、パラガスバグスター主役回がお亡くなりになりました。

5話:パラゲ初登場回

6話:パンツ初登場回、本編より前回のあらすじでの活躍の方が多かったかもしれない。僕自身パンツはDBで上位3位に入るくらいには好きなキャラなのです。それゆえOPとEDもパンツに乗っ取られています。

ちなみにこの回で鈴仙が「うーん、霊夢たちにも声をかけたけど、この前色々あったらしくて、動けなくなってるのよね。」と言っていますが、このときリアルでは丁度作者さんとの茶番GOD BORDER LOVEが終わったあたりで、その出来事を本編に組み込んで、霊夢達は不知火コーカサスとの戦いがあった直後で疲れていて協力できないという扱いでした。

7話:黎斗の本性発覚回でありパラゲの本名が明かされた回でもあります。パラゲのフルネームは鈴仙・優曇波羅華(ウドンバラゲ)・イナバと言うのですが覚えていらっしゃるでしょうか?パラゲという愛称の元となった優曇波羅華は、3000年に一度しか花を開かないというインド伝説上の植物である優曇華の別名なんです。

8話:この回にも少しだけ重要なワードがあり。

妹紅「よっ、お前らに新しい情報だ、うちの自警団の連中が調査したところ、奴らが港にいるってことがわかった。」というセリフでわかる通り、妹紅は自警団に所属しています。名称は藤原自警団といって妹紅は団長だったり、団長だからってキボウノハナーにはなりません、むしろ生き返ります。

そしてもう一つ。

メディスン「そういえば、異界(ミートピアやゲイムギョウカイ)との貿易のための港があったわね。」というセリフがありますが、この幻想郷には様々な異界を繋ぐ港があり、ここからDBやFE、ネプテューヌFate等の世界にいつでも行けるようになっています、幻想郷の貿易の中心でもあります。

⑨話:

ピロロロ…アイガッタビリィー(前奏)
宝生永夢ゥ!
何故君が適合手術を受けずに、エグゼイドに変身出来たのか。(アロワナノ-)
何故ガシャットを生み出せたのか。
何故変身後に頭が痛むのくわァ!(それ以上言うな!)
その答えはただ一つ…。(やめろー!)
アハァー…♡
宝生永夢ゥ!
君が世界で初めて…バグスターウイルスに感染した男だからだぁぁぁぁ!!
(ターニッォン)アーハハハハハハハハハアーハハハハ(ソウトウエキサーイエキサーイ)ハハハハハ!!!

これがやりたかったwwww

10話:これも原作再現回、ついでに咲夜さん参戦回

ついでに咲夜さんのチートっぷりを知らしめる回でもあります。ぶっちゃけ王の財宝を使えて時間停止も使えるメイドとか最強でしょ?私の脳内はメイド最強という強迫概念が働いています。正直いって紅魔郷5面の咲夜さんの強さ体感したら最強にせざるを得ない。ついでにニコニコでゲスりの人と有名な某○月さんの咲夜さんにも影響されています、ただ性格はあっちの咲夜さんほど脳筋ではなく、むしろ原作寄りにしています。

ついでにこの回からOPは仮面ライダーブレイドのRound ZERO~BLADE BRAVEになっていますが、このOPなんかかっこいいから採用しただけですwww

EDはこの回だけ咲夜仕様になっています。

11話:冒頭我が国、そしてモルモット港での

16年前から君は、透き通るように純粋だった。
その水晶の輝きが、私の才能を刺激してくれたァ…!
君は最高のモルモットだァ!
君の人生はすべて、私の、この手の上でっ…転がされているんだよォ!

だぁ―――ははははははっはーはははは!
ブゥン!(ガッチョーン)

これがやりたかっただけですwwww

ちなみにこの回からEDが黎斗仕様になっていたりします、歌っているのは正宗ですが、正宗はこの茶番には出て来ませんでしたwww

12話:鈴仙エグゼイドへの初変身&黎斗お亡くなり回

鈴仙がエグゼイドに変身できた理由は永夢と同じなので詳しくは語りません

13話:パラゲのお話回

14話:謎のヒロインX初登場回、小ネタ満載で妹紅が爆熱ストームを放ったり、咲夜とメディスンが協力技でザ・バースを放ったりしています。ちなみにザ・バースでパラガスバグスターを倒せた理由は、技を放つとき遺伝子のような螺旋と共に上昇する演出があるのですが、それを観て、この技バグスターに特効効果を与えてもいいんじゃないかなと言う理由で、倒せるということにしました。

ちなみに謎のヒロインXが仮面ライダーセイバーというオリジナル仮面ライダーに変身していますがこれは、FGOの夏イベントでの謎のヒロインXXの第一再臨姿を見て、「これ仮面ライダーじゃね?」と思い仮面ライダーセイバーと名付けて使ったら面白いかなと思い起用しました。

15:黎斗復活回

16:この回から立ち絵は東方夢幻時空形式にしました、表情は固定されてしまいますがこれで編集が早くなるメリットがあります。そしてハイパームテキがやっと登場(1話のみ)。茶番版ゲムデウスも出て来ましたが所詮ネタ枠の寄せ集めなので実際はそんな強くなかったり。

黎斗が正宗みたいなことを言っていますがそこはやはり親子なのでしょうね。

最終回:この回も原作再現回ですね、主に戦闘シーン。そして黎斗は敗北しようやく自分のしてきたことの過ちを認め完全に改心しました。(ただし言動や奇天烈さは変わりません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

この物語についての質問・疑問がありましたらコメント欄で質問を投げかけて下さい、変な質問でなければ全てお答えしますので。